×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就活でTOEIC900点を武器にしろ!

なぜ就活にTOEIC900が必要?

 

 

 

就活にTOEICのスコアが参考にされているのはご存知ですよね?

 

 

おそらく、このサイトを見ている人は少なくともこのことは知っていると思います。

 

 

じゃあ、実際に何点取っていたら企業の採用担当者の目に付くのか?

 

 

900点です。

 

 

 

なぜ900点なのか?

 

 

それは多くの企業が900点を実際に足切りや評価の基準に定めているからです。

 

 

 

900点 松下電器(国際広報担当)
     サムスン(新入社員足切り点数)
860点 富士通(海外出張が頻繁にある営業・技術者)
     三菱商事(社内留学条件)
850点 NTTコミュニケーションズ(新卒採用)

 

 

 

これは一部ですがTOEICの点数で足切りをしている企業の一例です。

 

 

このように900点あればほとんどの企業からの足切りを受けなくて済むのです。

 

 

また、どの企業とは言えませんが、仕事の関係でいくつかの企業の人事部の人と話す機会がありました。

 

 

その時に、どれくらいの点数だと採用担当者は目を付けるのですか?と尋ねてみたところ、

 

 

ほとんどの人が900点と答えました。

 

 

暗黙の了解か先入観なのか就活で900点というスコアを持っているということは評価の参考を超えて、相当なアドバンテージになるようです。